忍者ブログ
別に役に立たない情報など、てーげーに
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

戦争を題材にした映画は、古今東西多々あるが、本作はその中でも屈指の名作・傑作と呼んでいいと思う。
 
それまで仲良く暮らしていたはずの村人たちが、隣人同士、友人同士で殺しあう。次々と家族が死に、恋人が死に、そして生き残った人々も心身共に深く傷つく、戦争が作り出す無惨だがありきたりな体験。だが、本作ではそれらは、6歳の少女の目を通すことであくまでも「おとぎ話」の中の挿話として描かれる(←決して語られるのではない!)。深夜我が家が爆破される轟音も、コンドームで作った風船とチョコレートをくれるアメリカ兵の出現も、突如現れる古代ローマの兵士達の空想も、少女にとっては、皆等しく「おとぎ話」的体験として刻み込まれる。
もちろん、全ての描写が少女の目を通して描かれているわけではない。後から人づてに聞かされた話、いや、むしろ村人達に起こった様々な出来事=戦争体験を、作者自身がファンタジーという映画的形式を用いて、後世=彼らの子孫に伝えようとしているのだろう。「これらの出来事を、決して忘れてはならない」と。
 
だから、本作が何よりも素晴らしいのは、そうした「想い」を言葉ではなく、あくまでも映像で、映画として我々観客に見せてくれようとしていることだろう。この頃のタヴィアーニ兄弟は、前作『父 パードレ・パドローネ』でもそうだったが、プロットの巧みさや画面の美しさに頼らず、かつ伝統的なネオ・リアリズモに根ざしながら、実に映画的アイデアに富んだ素晴らしい演出をしていたと思う。例えば、ラストの方で、村がアメリカ軍によって解放された朝に、狐の嫁入り(お天気雨)の中、生き残った村人達が逃げ出してきた自分の村への帰りを急ぐというシーンがあるが、「40年来の想い」(←それは映画を観てのお楽しみ♪)を遂げた男だけが雨に打たれながらただひとり留まっている。その無言の姿を映し出す描写は、何度観ても強く胸を打つ。
 
本作は、昨今流行りの戦争を扱った諸作品のように、声高に主張することも、誰にでも分かり易く物語ることも、ことさらに美しく描くこともしない。ただ、出来事を、それに遭遇した人々のリアクションを、愛しくもかけがえのないものとして描くことに終始する。
そうであればこそ、私はきっぱりと断言しよう
「映画とはこれだ。これが映画だ!」
 
註:「昨今流行りの戦争を扱った諸作品のように、と偉そーなこと書いているのに、おまえ、ちーっとも最近の映画なんて観てやしないぢゃないか!」と思ったそこの貴方、図星です。テヘ♪

拍手[0回]

PR
フレッド・アステアがオスカー・ピーターソン・トリオをバックに、これまでの主演映画で歌ってきた数々のスタンダードナンバーを十八番のタップとともに、それはそれは”ジャジー”に披露してくれる名盤です。
CD盤なら2枚組、LP盤なら4枚組BOXセット。
CD盤は、とうの昔に廃盤になり、十年くらい前までは、都心の中古レコード屋さんでも時々2~4千円位でみかけた。
実は私はどちらも持っていない。
むかしレンタル屋から借りてきたCDからコピーしたカセットテープがあるだけだ。
よく行く中古屋にもおいてあったので、「また今度でいいや」と思っているうちに消えてしまった。
amazonなら今1万円以上の値がついている。
レコード会社のばかやろー!こんな名盤を廃盤にしたままにしておくなよな。

で、ネットで検索していると、どえらいサイトを見つけてしまった。

Mercury Records Collection
http://microgroove.jp/mercury/

アステアの名盤は、
http://microgroove.jp/mercury/TheAstaireStory.shtml

で、紹介されている。

掲載されている写真やイラストは、LP盤BOXセットの付録だ。
久しぶりに見たけど、本当に素晴らしい。
うーん、なんかとっても欲しいぞ、LP盤BOXセット!!
高いだろーな。きっと、そうそう手に入らないだろーな。
そういえば、大学時代の後輩がもっていたような。
・・・・・・
・・・・・・
よからぬ発想が私の頭をよぎった。


拍手[0回]

文庫の最新刊が出る度に、私が必ず買うのが下川裕治さんの著書。
タイトルは、その最新刊です。
下川さんといえば、主にアジアを中心とした貧乏旅行の達人で、名著「12万円で世界を歩く」など数々の旅に関する著書が出版されています。

今回は、東京・日本橋からトルコ・イスタンブールまでの陸路、主にバスを使った旅行記です。
相棒に気心の知れたカメラマンとたまたま知り合いになって同行することになった若い料理人を従えて、水戸黄門よろしく旅に出たのはいいのですが...(あとは本で楽しんでね♪)

いつものことだが、旅への欲求を静めるつもりで下村さんの本を読んでは、さらに欲求が抑えきれないほど膨らんでしまう。
4人の子供を抱え、日々の生活にも窮しているというのに、困ったもんです(ニガ笑)。


 

拍手[0回]

タイトルは、最近、一番楽しみにしているバラエティー番組です。
KBSワールドという韓国のケーブル・チャンネルで、
正確には、
「ハッピーサンデー」という番組(日曜夜11時~)の1コーナーなのです。

5人のレギュラーおやぢ達と1人のゲスト嬢が、ただ王様ゲーム?のようなものに興じているだけなのですが、このおやぢ達の地位と名誉とプライドをかけた攻防が、頗る笑える、笑える。抱腹絶倒!
だいたい司会者が毎回毎回笑い転げて床にうずくまっている番組がほかにあるだろうか?

残念ながら、ある情報筋によると本家のこの4月の番組改変で、このコーナーも3月一杯で終了したとのこと。したがって、日本で見られるのも今月一杯になりそうです。

ところで、日本で同じことをやったとしたら、5人は誰がいいかと考えました。
江守徹、橋幸夫、なぎらけんいち、嶋大輔、大泉洋

うーん、濃いーことは濃いーが???

拍手[0回]

先日CATVで、久しぶりに『父 パードレ・パドローネ』を観ました。 
特に美しい映像があるわけでも、あっと驚くような展開があるわけでもありませんが、これが実にいい。
地元で採れた新鮮な素材を、シンプルだがひと手間かけて調理された料理を食したときの感激に似ているというか。
 
お話は、サルディーニャ島で牛飼いを営む貧しい一家に生まれ育った少年が学校にもろくに行かせて貰えず、文盲のまま青年となり、入隊して初めて読み書きを覚え、ついには言語学者となるに至るという、ガヴィーノ・レッダの自伝小説を映画化したものです。 

そういえば、いつだったか、朝日新聞の夕刊で、作家の瀬戸内寂聴さんのエッセイの中に、ガヴィーノ・レッダのことが書かれてありました。今も研究の傍ら故郷で羊飼いを続けていることや、人見知りが激しくパーティ嫌いなことなど、映画に出てくるあの主人公そのままの微笑ましいエピソードが紹介されていました。

 

拍手[0回]

私の最近お気に入りの女の子は、松木里菜ちゃんです。
チューリッヒの自動車保険(
http://www.zurich.co.jp/lp/auto/)のCMに出ている娘です。

いやあ、かわいいよなあ。
ザッピングしてたら思わず魅入っちゃいましたよ!
声もかわいい♪
あの笑顔と声とで、「お見積もりは今すぐに」とか言われちゃうと、
思わず電話しちゃいそーになっちゃいますもん。

ただ、わたくし、いまだに免許も車も持ってないんですけど...

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[04/14 なるせたろう]
[04/13 オニキチ]
[07/04 なるせたろう]
[07/04 黒猫クロマティ]
[06/18 なるせたろう]
[06/17 のはら]
[06/05 なるせたろう]
[06/04 あまみ]
[05/31 なるせたろう]
[05/31 のはら]
最新TB
なるせはたろうである
HN:
なるせたろう
性別:
男性
職業:
無資格、無遅刻、無欠勤
趣味:
ひるね、さんぽ、妄想
自己紹介:
C級なのに、貧乏子沢山。
おバカなことが大好きです。
特にこれといって特技はありません。

ま、生きているうちが花なのよ~♪
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
もろもろ